今回はホームヘルパーという仕事についてご紹介したいと思います。このホームヘルパーはよく介護ヘルパーとも言われていますが、ホームヘルパーの場合は介護ヘルパーよりも日常生活の簡単なお手伝いというイメージを持っておくと良いです。 介護ヘルパーの場合は、しっかりした介護技術を持っているという方が高齢者の入浴介助といった危険を伴う介助を行ってくれたりするのに対して、ホームヘルパーは洗濯物を干したり、料理を作ったりといった事がメインだからです。


 その線引きは難しい所がありますが、介護とホームという頭に付く名前が若干異なってきますので、そこで理解していくようにすると良いと思います。
 そして、ホームヘルパーはそういったお手伝いだけをするかというと、実はそういうわけでもなくホームヘルパー2級などの資格を持っていれば、高齢者の身体介助も法律で認められていますので、身体介助も行う場合もあります。
 介護ヘルパーは介護に特化したヘルパーなのに対して、ホームヘルパーは日常のお手伝いがメインですが、介護や介助まで幅広く行う事もあるのです。わたしは重度障碍者の方と友達です。
彼女と以前海外旅行したこともあります。また彼女の家にあそびに行くこともよくあります。
彼女の家にはいつもホームヘルパーの方がいて、家の掃除をしたり、友達がトイレをしたい時は手伝ったり、友達のごはんを作ったり、と忙しくされています。
つまり、障碍者の友達の代わりに家事などをするのがホームヘルパーなのだと思いました。
わたしはホームヘルパーの資格を持っていないので詳しいことはよくわかりませんが、彼らの働きを見ていてそのような仕事をしているのだと思います。



いろんな年齢のホームヘルパーの方がおられますが、みなさん、本当にいろんなことができるので尊敬しています。ホームヘルパーという仕事について男性の場合は力があるので、友達を車椅子に載せたりなどしています。また、女性は細やかな仕事が得意なので、料理や掃除、またいろんな伝票整理などもしています。
ホームヘルパーと一言で言ってもいろんな仕事があるのだなとびっくりしています。
わたしもそれを見ていて、いずれホームヘルパーの資格を取って働きたいと思っています。